今日から始まった京都国立近代美術館の特別展「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」、早速行ってきました。

地下鉄東山駅の壁でもきらびやかな広告が目立っています。

このキラキラ!金色!わくわくします。

美術館到着。コレクション展も開催されております。

展示会場の外にはこのようなパネルも。

トルコにちなんだ漫画「夢の雫、黄金の鳥籠」とのコラボレーションなのだそうです。

目が覚めるようなウルトラマリンブルーにチューリップの赤が映えますね。

会場内でも、パーティションがこのブルーに彩られ、トルコの雰囲気を盛り上げています。

広告で見た通りの、金キラがたくさん、大きすぎて宝石の実感がわかないエメラルドなどなど。。。

夢のように贅沢な世界に包まれ、ただただうっとりと見とれました。

チューリップの文様がキーワードという展示も斬新でした。

どの作品にもチューリップの文様があしらわれているけど、デザインのバリエーションが豊富で面白い。

第2会場では日本との交流の歴史の展示。知らないことも多く、トルコについてもっと深く学びたくなりました。

第2会場の隣には村上華岳の特集展示があります。独特の仏画のみならず、風景画や花の絵も上手く味わいがあり、貴重な機会をいただけました。

観覧が終わった後はミュージアムショップで図録を購入。

図録の表紙はパール調の光沢があり、高級感があります。しかも図鑑のように分厚い!

見応え、読み応え十分ですね。これからゆっくり楽しみます。

6月26日(水)の京都国立近代美術館の特別展「トルコ至宝展」見どころ解説+ランチ会にも図録を持参いたします!

豪華で贅沢できらびやかなトルコの美の世界と、日本の超絶技巧の並河靖之七宝記念館の特別展も鑑賞いたします。

詳細・お申し込みはこちらご参加お待ちしております。

わさびラボ 小林 佳子