京都国立近代美術館のカフェ「Cafe de 505」に行ってきました。

「明治150年 明治の日本画と工芸」展の帰りです。

展示会場は賑わっており、作品も「世界で勝負するんだ!」という明治の職人と芸術家の気迫が感じられて程よく疲れ、ちょっと休憩にと^^

午後のティータイム、割合空いていて、琵琶湖疏水に面したオープンテラスに座る人が何組かいました。外の空気と緑が心地いい季節ですからね。ガラス張りの店内からの眺めもよくて、家が近所だったらカフェだけでも利用したいくらいです。

私が注文したのは「宇治川」という名前の抹茶クリームあんみつ。

お味ですが、あんこと抹茶の素材の味が上等な感じがしました。さすが京都ドスな。

寒天はしっかりとした歯ごたえがあります。みつはさらっとしていて甘さ控えめ。どこまでも上品なあんみつでした。

ドリンクはいくつかある中から選べます。ほうじ茶にしましたが、これもまた香り高い、高級なほうじ茶でした。

どちらもさっぱりして、少し汗ばむ時期にはより美味しく感じられます。

「Cafe de 505」はスイーツやサンドイッチなどはもちろんですが、自家製の生パスタが美味しいのです。そちらもまたご紹介しますね!

京都国立近代美術館カフェ「Cafe de 505」の紹介ページはこちら