2月16日(土)から始まった、大阪市立美術館「フェルメール展」

今日は作品の見どころについて色々ご紹介します。

タイトルが「フェルメール展」というだけあって、フェルメールの作品が一挙に6点展示されます。

フェルメールの現存する全作品数が35点といわれていますから、これはかなりの規模ですね!

中でも話題なのが日本初来日の「取り持ち女」

左端のこちらを向いてニヤッと笑っている男性がフェルメール自身であるといわれています。

ちなみにフェルメールの人生や作品については「・・・・と考えられる」「・・といわれている」という事柄が多いです。

謎が多い画家なんですね。それがまた人々の興味と探究心をかきたてるのでしょう^^

それから大阪展でのみ公開の「恋文」

作品の意味深長で謎めいた雰囲気もフェルメールの特徴です。

そして、「フェルメール展」ですが、展示作品は全部で約50点フェルメールと同時代の他の画家の作品も展示されます。

その中でご紹介したいのがメツー「手紙を読む女」。

こちらも今回見られるフェルメールの「手紙を書く女」。

女性が着ている毛皮の縁取りのついた黄色い上着が同じなんです!

こんな風に、フェルメールと他の画家との比較も楽しめます。

新たなお気に入りの画家との出会いもあるかもしれませんね。

フェルメール展大阪の公式サイトでも作品は見どころが紹介されています。

3/31(日)開催「大阪フェルメール展の鑑賞を楽しむランチ会」では、

・チケットは事前にご用意いたします。

・「フェルメール展」の見どころ解説と美味しいランチが同時に楽しめます!

解説は各地のカルチャーセンターで講師をつとめます、小林佳子が担当、展覧会もご一緒に鑑賞します。

詳細はこちらのページをご覧ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのフォームから。

ご一緒に楽しみましょう^^

わさびラボ 小林佳子