美術館で展覧会を鑑賞するとき、忘れないようにメモをとりたいことがあると思います。また、会場では撮影禁止ですので、自分で記録することが必要になることも多々あります。

そんな時のための筆記用具について、お話しします。

筆記用具は鉛筆!ペンやシャープペンシルはNG

ペンやシャープペンシルは使えません。鉛筆を持参しましょう。

美術館で使うのに適したノートの条件

かさばらないこと

立ったまま書けること

ノートがふにゃふにゃだと書きにくいので、表紙が硬くてしっかりしたものがおすすめです。

・方眼罫であること

これは絶対!という条件ではないのですが、横罫だと文字を書くにはいいけど図や絵は描きにくく無地だと絵は書きやすいけど文章が乱れます

方眼罫だと文字を書くガイドになるのにはもちろん、図や絵を描く邪魔にもなりませんし、表を作るガイドにもなって便利です。

おすすめのノート2種類

上記の条件を満たすノートはたくさんありますが、その中で私が実際に使ってみてよかったと思うノートを2種類ご紹介します。

デルフォニックスの「ロルバーン」とコクヨの「測量野帳」です。

 

(どちらも表紙は限定デザインです。)

それではこの2つの特徴とおすすめポイントを説明します。

ロルバーン

・リング式なのできっちり2つ折にできて、持ったときにコンパクトになる。

・ゴムバンド付きでページを固定できるし、カバンの中でも広がらない。

・表紙がとても厚くてしっかりしている。

・方眼罫のサイズは5mm。定規にもなる。罫線の色は薄いグレー。

リングの穴から5mmのところにミシン目が入っていて、きれいに切り取れる。

・巻末にビニールポケットが5袋ついていて、ちょっとしたものを入れておくのに便利。

・サイズや表紙のデザインが豊富

持っていて楽しくなるステキなデザインが多く、限定デザインはついついコレクションしてしまいます^^

Rollbahn ロルバーン ポケット付メモ Lサイズ【地域限定 あまおう いちご】 (ピンク)

測量野帳

シャツの胸ポケットに収まる大きさ

これが一番のメリットだと思います。カバンを持たない男性にも便利。もちろん上着やスボンのポケットにも入ります。

縦16.5cm × 横9.5cm × 厚さ0.6mmで、厚みもコンパクトです。

・立って記入するために作られているので表紙が硬い。

・方眼は3mmで罫線は明るいブルー。糸で綴じてある。

・サイズは1種類だが、ロルバーンと同じく限定やコラボデザインが豊富
 

 

まとめ

ロルバーンと測量野帳、どちらも機能的でおすすめですが、より身軽さやコンパクトさを求めるなら測量野帳、頑丈さやポケットなどの機能、デザインの楽しさを重視するならロルバーンです。どちらも愛好者が多い、素晴らしいノートです。

筆記用具も抜かりなく楽しんで用意して、展覧会を堪能してくださいね!

わさびラボの新着情報はこちら

わさびラボ 小林 佳子