テレビや新聞の広告や雑誌などで観たい展覧会が決まったら、まずは公式サイトをチェックしましょう。

公式サイトのなるべく早いチェックをおすすめする理由

基本情報をもれなくおさえられる

まずは展覧会の日程や内容、会場へのアクセスなど、事前に知っておきたい情報が掲載されています。

例えば今開催中のフェルメール展大阪では3月25日以降の月曜は開館していますが、そんな情報も公式サイトでは前もって知ることができます。

お得なチケット情報がわかる

早割ペアチケットなど、通常の前売り券よりももっとお得なチケット情報がわかります。

大抵は数量限定あるいは期間限定で展覧会開始日よりもかなり早くに販売が終わるので、できるだけ早い時期のチェックをおすすすめします。

関連イベント情報がわかる

展覧会に関連のある先生のセミナーとか、親子で参加できるイベント情報が掲載されています。

どれくらい前にチェックするのがいいのか

公式サイトが公開されるのは、展覧会が始まるよりも大体1か月かそれ以上前のことが多いです。

例えば4月6日から始まる兵庫県立美術館「没後130年 河鍋暁斎展」の公式サイト3月15日頃に公開されました。

巡回展の場合はもっと早くに公開されることが多いです。

2019年4月24日から東京で始まる「ウィーン・モダン」展の場合、ツイッターの公式アカウントができたのが2018年10月、公式サイトが公開されたのが12月です。なので、大規模な巡回展の場合は、最初の展覧会開始の半年前くらいから気をつけておくと良さそうです。

ちなみに「ウィーン・モダン」展、大阪展は8月27日からですので、今のところ大阪展の情報は部分的にしかわかりません。ただ、東京展の情報は見られますので、ある程度の予測はつきそうです。

公式サイトが見つからないときは

展覧会を開催する美術館・博物館の公式サイトをチェックしましょう。その中の「新着情報」や「展覧会」のカテゴリの中で紹介されていることもあります。

まとめ

ブログの一つ前の記事で「展覧会のスケジュールをいち早くまとめてチェックするための3冊」で雑誌をおすすめしましたが、どれも年末に公表された翌年の情報ですので、年が開けると一つ一つの展覧会の最新情報はインターネットで手に入れるのが便利です。

早めのチェック開始でお得情報を手に入れて展覧会を楽しんでください。

わさびラボの新着情報はこちら

わさびラボ 小林 佳子