美術館の展覧会に行きたいなと思った時、事前の情報チェックは欠かせません。

美術展の情報を手に入れる方法はいくつかありますが、いち早く、まとめてチェックできる雑誌3冊を取り上げ、ご紹介します。

ご紹介するのは「芸術新潮 12月号」、「日経おとなのOFF 1月号」、「美術の窓 1月号」です。

実はどれも年末に刊行されるものなのですが、まだ3月ですし、1年間の展覧会の情報を網羅的に把握するのにはインターネットよりもこちらの雑誌の方が早くてわかりやすいと思います。

発売日が早い順に取り上げ、それぞれの特徴をあげてみます。

芸術新潮 12月号 新潮社

発売日:11月25日

情報が一番早い。

・毎年12月号に来年度の美術展の目玉を取り上げた特集が組まれる。

・紹介されている作品の画像がとても綺麗

・大きさはほぼA4サイズ。

・2018年12月号の付録は手帳とオリジナル手ぬぐい。

日経おとなのOFF 1月号 日経BP社

発売日:12月6日

・芸術新潮よりも遅い分、新しい情報が多い。

別冊の付録「美術展100ハンドブック」が薄くてコンパクトにスケジュールがまとまっており、携帯に便利

・ハンドブックの他、名画カレンダーやクリアファイルなど、付録が豪華で実用的

・大きさはほぼA4サイズ

美術の窓 1月号 生活の友社

発売日:12月20日

・3冊の中で最も遅いので、その分情報が最も新しい

情報がどれよりも豊富で、全国の国公立・私立の美術館の展覧会の情報が掲載されている。

・「前年の展覧会入場者数ランキング」の特集がある。

・情報が豊富な分、分厚い。(厚さ約2cm)

・大きさは約B5サイズ

まとめ

3冊それぞれ特徴があるので、目的に応じて選んでいただければと思います。

いち早く話題の展覧会の予定を知りたいなら、「芸術新潮」

手に取りやすい薄さや、豪華な付録を重視するなら「日経おとなのOFF」

情報量の多さを求めるなら断然「美術の窓」

です。

現在(2019年3月25日)「日経おとなのOFF 1月号」と「美術の窓 1月号」はアマゾンで「在庫あり」となっています。(「芸術新潮 12月号」は別の書店が販売)

事前の情報を効率よく手に入れて、展覧会を軽やかに楽しみましょう。

わさびラボの新着情報はこちら

わさびラボ 小林 佳子