美術館に持って行きたいアイテム(?)の一つに100円硬貨があります。

コインロッカーを使うのに100円硬貨が必要

美術館や博物館の展覧会での鑑賞は、基本立ちっぱなし、歩きっぱなしです。

荷物は少ないに越したことはありません。

また、混雑する展覧会ではなおさら身の回りのかさを低くしておきたいものです。

ですので、会場に入る前に、コインロッカーに手荷物やコートや上着を預けることをお勧めします。

ただし、貴重品、単眼鏡、筆記用具、チケットとチケットホルダーやクリアファイルとそれを入れるバッグは手に持っていてください!

硬貨は鍵を開けると戻ってくる

観覧を終えてロッカーの鍵を開けると、100円硬貨は戻ってきます。

ロッカーに注意書きがありますが、戻ってきたコインは必ずお財布に戻してくださいね!

まとめ

コインロッカーを使って、必要なものだけを手に持ってできるだけ身軽になり、鑑賞に集中して、展覧会を思い切り楽しみましょう!

*お知らせ*
4月23日(火)と5月6日(月・祝)、「兵庫県立美術館・河鍋暁斎展」見どころ解説+ランチ会を神戸で募集中です!

関西各地のカルチャーセンターで美術の講師を務めております、東京大学卒業・美術検定1級の小林佳子が解説・同行いたします

(小林佳子の詳しいプロフィールはこちら

詳細・お申し込みはこちら。

ご一緒に楽しみましょう!

わさびラボ 小林 佳子