今日は兵庫県立美術館の展覧会に行くときにオススメの、JICA関西食堂のランチをレポートします。

JICA(ジャイカ)とは、独立行政法人国際協力機構のことで、開発途上国への国際協力を行う国の機関です。

食堂は誰でも利用できて、土日も営業しています。

兵庫県立美術館から西に向かって徒歩2,3分ほどでJICAの建物に着きます。

入り口はこちら。食堂は入って左側の1階にあります。

入り口には月替わりのエスニックランチのメニューが。

3月はチュニジア料理でした。メインディッシュはチュニジア風チキンのクスクスにサラダ、スープ、ごはん、飲み物がついて720円はうれしい。

他にもメニューはいろいろあります。定番の和食の定食や丼ものもあるので、エスニックな気分じゃないときでも対応できます。

店内はこんな感じ。ゆったりしています。

カフェテリア形式なので、メニューを決めたらレジで支払い、トレーを持って料理を受け取ります。

飲み物はセルフサービスでおかわりできます^^

こちらが日替わりのチュニジアランチ。ボリューム感たっぷり。量は多くても煮込み料理なのでしつこくはありません。

スパイスが異国情緒を醸し出していますが、それほどきつくなく、味付けも薄めのように感じました。美味しい♪

奥の黄色いものはクスクスです。これだけで食べるとボソボソするのですが、テーブルの上のこちらに食べ方が書いてありました。

クスクスにはトマトベースのスープをかけて食べるのがチュニジア風なのだそうです。

なるほど、スープをかけるとしっとりして食べやすく、味わいも深まります。

こちらがそのトマトベースのスープ。具沢山で、白身魚が入っていました。

奥の小鉢はオリーブオイルで炒めた野菜です。チュニジア独自の調味料がのっていて、じっくりと味わっていただきました。

飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶など何種類かあり、それぞれホットとアイスが選べます。

食後のお茶をいただきながらテーブルの上のこちらを読んで、お勉強。

味もボリュームの満足の世界各国のエスニックランチを気軽に楽しめ、社会の勉強にもなるJICA関西食堂。

兵庫県立美術館に行かれる際には特にオススメです。JICA関西食堂のページはこちら

わさびラボの新着情報はこちら

わさびラボ 小林 佳子