今日はパーソナルカラーについてもっと知りたい時にオススメの本をご紹介します。

目次

  1. わさびラボのパーソナルカラー診断でのご説明
  2. トミヤママチコ著「はじめてのパーソナルカラー」
  3. トミヤママチコ著「役に立つパーソナルカラー」
  4. 「A・F・T色彩検定公式テキスト3級編」

1.わさびラボのパーソナルカラー診断でのご説明

似合う・似合わないの判断には、その根拠となる色彩理論があります。
その理論を知って理解することで、診断を受けた後、ご自身でお洋服や化粧品を選ぶ時に、迷いなく自信を持って選べるようになります。

わさびラボのパーソナルカラー診断では、

1.パーソナルカラーについての基本的な理論をわかりやすい言葉でご説明
2.実際にドレープ(布)を使って鏡を見ながら似合う色を確認
この時に、なぜ似合うか・似合わないか、お顔のどんな変化を見るのかを具体的に説明

という順序でお話ししております。

よりわかりやすく、実用的にということに重点をおいておりますが、診断後、色についてもっと詳しく深く知りたいという方に、今日はオススメの本をピックアップしました^^

トミヤママチコ著「はじめてのパーソナルカラー」


パーソナルカラーについての本を読むのが初めての人にオススメです。
オールカラーでイラストや写真が豊富で、色についてやさしく解説されており、楽しみながら、基礎的なことが理解できる本です。

トミヤママチコ著「役に立つパーソナルカラー」


「はじめてのパーソナルカラー」の続編という位置づけの本です。より理論的な詳しい説明と、男性のパーソナルカラーについての解説があるので、それらを求める方にはこちらがオススメです。

「A・F・T色彩検定公式テキスト3級編」


前述のパーソナルカラーのテキストどちらも、色の表現には「PCCS」というシステムを基準としています。

このテキストではその「PCCS」について、詳しく、丁寧に説明されているので、色についての理論を把握、マスターしたい方にはまずこちらを読まれることをオススメします。

このテキストも図や写真が豊富で、色全般について、知っていると役に立つ事柄がたくさん載っています。

パーソナルカラーや色彩についての理論を知ると、楽しみや理解がもっと深まって、応用が効くようになりますよ!

わさびラボ 小林 佳子