京都国立近代美術館の「生誕150年 横山大観展」を見に行った際、館内のカフェ「Cafe de 505」に行ってきました。

美術館についたのが夕方5時過ぎていてちょうど空腹だったので、先に食事をと^^

「Cafe de 505」はいつも特別展コラボメニューがあるので、今回も楽しみにしていました。

日本画のような彩り華やかなソースのパスタかなー?と予想をしていたら全く違っていて、日本酒を練り込んだ生パスタでした。

しかもそのお酒が「酔心」という、横山大観が愛飲したことで知られる純米吟醸酒なのです。これは全く想像できないコラボでした。

お酒の他には黒ごまと白味噌、豆乳が練り込んである、ちょっと珍しく、和風の味わい深い麺です。

生パスタは全3種類あって、他の2種類は定番メニューです。

ソースは夏限定のサラダ風の冷製の物や人気のカルボナーラなどがありますが、私はとってもお腹が空いていたのでビーフシチューにしました。ボリュームたっぷりですが、ソースはくどくなく、だしの味が効いてました(と思う^^;)。

トッピングはマッシュポテト、その他ズッキーニやナスなどの夏野菜が散りばめられています。

とても美味しかったのですが、シチューの味がしっかりしているので、パスタの風味があまりわからなかったのだけが残念です。

大観展の期間中に機会があれば、もっと薄味のソースでもう一度このパスタを味わいたいです。

とはいうものの、お酒の風味と効果はしっかりと感じました。アルコールを避けたい方、弱い方は注意なさってくださいませ。

最後にお知らせ

6/19(火)、わたくし小林佳子が同行するリビングカルチャー「横山大観展・講師同行バスツアー」開催します

展覧会の前に横山大観の人となりや作品について知っておきたい、また、せっかく京都に行くなら他の展覧会や京都ならではの美味しいものも楽しみたいというあなたにぴったりです。

相国寺の承天閣美術館で伊藤若冲や円山応挙の絵を鑑賞、ランチは萬亀楼の竹籠弁当、横山大観展鑑賞後、大阪に帰ります。

お食事の美味と眼福の美術。両方楽しめます。お申し込みお待ちしております!

リビングカルチャーの横山大観展・講師同行バスツアーの詳細はこちら

申し込み・問い合わせはアローズ(TEL 0120-256-845)へ。