爽やかな連休の1日、大阪の中之島にある、大阪市立東洋陶磁美術館のカフェに行ってきました。
今回の目的は展覧会ではなく、期間限定のバラゼリーです♪
去年は連休前に行ったらまだメニューになく、連休明けになりますとのことでしたので、事前に電話で確認して来ました。

大阪市立東洋陶磁美術館の喫茶はカフェ利用だけもできる

大阪市立東洋陶磁美術館の喫茶の入り口は建物の左側、外に面した所にあり、カフェ利用だけでもOKです。

もちろん、展覧会を見終わった後そのまま中側からも入れます。

バラゼリーはビジュアル・香り・味ともエレガントで美しい

繊細なガラスの器に透き通ったピンクのゼリーが盛られ、紅いミニバラの花が添えられています。ステキ。
奥に写っているアイスクリームも付いています。

真上から見ても美しい。。

一口いただくと最初に感じるふわっとしたバラの香りでうっとりしてしまいます。その後ほんのりとした洋酒の風味と甘みと酸味が広がり、優雅な貴婦人のデザートをいただいている気分に浸れます♪
贅沢な香りとつるっと潤いあるのどごしが今の季節にぴったりです。

セットでコーヒーかFOSHONのブレンドティーを選べます。私は紅茶をいただきました。

器はロイヤルコペンハーゲンでした。

バラメニューは期間限定で色々ある

バラのメニューには他にもあります。バラジュース、バラ紅茶、バラのソフトクリーム、バラジャムトースト。この中ではバラジャムが気になる。。

セーヴル展には後日行く予定なので、その時には別のメニューをいただきたいと思います♪

お店の方に伺ったところ、バラゼリーは今開催中の「セーヴル展」の期間(7月16日まで)はありますとのことでしたが、どれも期間限定ですので、事前に確認されると安心ですね^^

大阪市立東洋陶磁美術館のHPはこちら